blog

2008年06月21日

日光が足りないと…

DSC_0011.jpg日光が足りない状態で育った多肉植物は、写真のように葉と葉の間が開いて、茎も細くなってしまいます。

ちょっとぐらいヒョロヒョロな姿も可愛いですが・・・、多肉植物は本当に日光が大好きですから、なるべくたくさんの日光に当ててあげましょう。

もし、ヒョロヒョロになってしまったら?
茎を下の部分で切ります。根が張っているほうはそのままの状態で新芽が伸びます。
日光がしっかりと当てれば、新芽はプックリと膨らんで育っていきます。

切り取った丈夫の茎の部分は、日陰で切り口を乾かした後、多肉植物用の土に挿せば根が出て育ってきます。

posted by ODORANTES at 19:30 | デザートタニクのお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。